Link Leaf.com

パソコンに関する情報が満載!

パソコンのブルーライトを軽減するには

パソコンの液晶ディスプレイからは「ブルーライト」が発せられています。
これは可視光線の一種で、紫外線に近い性質を持っているため長く浴び続けると目に悪影響を与え、目の疲れや生体リズムの変調といった影響を及ぼしてしまうのです。
そのため、パソコンを使うときはブルーライトを軽減することが重要になります。
軽減する方法としてまず挙げられるのは、パソコンメガネを使用することです。
レンズに可視光線をカットする機能があるため、目から可視光線を吸収することがなくなるのです。
また、液晶ディスプレイの設定を変更することでも軽減することが可能です。
色温度を下げることで青い光が弱くなります。
また、カラーバランスを調整して青色を薄くすることでも同じ効果があります。
そして、液晶ディスプレイそのものを交換するという方法もあります。
ディスプレイ自体が自動で青色を薄くする機能を持っている機種に変更すれば、難しい調整をすることなくブルーライトをカット出来るのです。

パソコンのブルーライト対策を行う

パソコンを使う際には、液晶ディスプレイを使う事によって、ブルーライトが目に入ってくる事が多くなります。
波長が300ナノメートルから500ナノメートルであるブルーライトは、目や体に負担を掛けやすくなっています。
パソコンを利用していなくても、スマートフォンやタブレット端末を使用する機会が増えていますので、これらの液晶ディスプレイからもブルーライトの影響を受ける事が多々あります。
パソコンやスマートフォンなどを使う場合には、1時間使用したら、15分ほど目を休めた方が良いです。
近年では、この波長の光をカットしてくれる眼鏡が販売されていますので、専用の眼鏡を掛けてパソコン作業を行えば、目の負担を最小限に抑える事が出来ます。
視力に影響したり、頭痛などの体の負担が生じる前に対策を施しておいた方が良いでしょう。
液晶ディスプレイのLEDの普及は、目や体に負担を掛ける原因となっていますが、正しく使う事によって、使用電力を最小限に抑えられます。

pickup

玄関のドア交換を頼むなら
http://kaku-gen.com/

Last update:2016/11/2

 Copyright since 2015 パソコンの中はどうなってるの? All right reserved.